薬膳ビジネスとメディアコミュニケーション学

今日のフードビジネスコーディネーターの授業は

北山彩子先生の『薬膳ビジネス』と島田始先生の『メディアコミュニケーション学C』の授業でした。

まず北山先生の『薬膳ビジネス』では舌の状態から健康チェックする方法をおしえてもらいました。


舌の色と体質チェック表から赤色体質青色体質黄色体質水色体質などどの体質かチェックします。

そこから摂ったほうがいい食物・控えたほうがいい食物を陰陽を交えて教えてもらいます。

例えば赤色体質は陰の要素が不足した状態。

潤いが不足した状態なので、水分を取るのがいいそうです。
避けたほうがいいの唐辛子などのはスパイシーなもの。


反対に青色体質は陽の要素が不足した「冷え」の状態。
体を温めるものを積極的にとり、冷たいもの、生サラダは控えたほうがいいそうです。


また、冷えによく効くとさせる生姜ですが、末端冷え性の方には効かないのだとか
豆知識も。


体質によって合う食材・合わない食材が全く違うんですね。


薬膳料理の試食会もしました。
『美肌の薬膳スイーツ』だそうです。
薬膳.jpeg

僭越ながら私も試食させていただきました。

薬膳ってどんなものかなぁと思っていましたが、とても美味しかったです。
これで私も美肌になれちゃうかな黒ハート


続いて島田先生のメディアコミュニケーション学。

一流の料理長の見極め方を教えてもらいました。

一流の料理長は「何の食材使っているんですか?」との質問に快く答えてくれるそうです。

聞くのは勇気がいるかもしれませんが、興味がある方はお試しください☆



またメンター(師匠)を見つけることなど、

食の世界に限らず、これから活躍していこうとしている方にとって大事なアドバイスもたくさんいただきました。



posted by JFCS事務局 at 2014年09月13日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。