17期生卒業制作展

東京でも桜が少しずつ咲き始めた3月20日、JFCS17期生の卒業制作展が行われました!

17期生が一年間かけて考え抜いた「私がオープンしたいレストラン」のコンテストが行われ、会場は新しい「食」のインスピレーションに溢れ非常に盛り上がりました。17期生は6チームに分かれ、白鶴醸造酒造をクライアントとし新しい日本酒の飲み方をご提案するレストランや、オリーブオイルを使った四季折々の五感を満たすレストランなどのイメージディスプレイ、プレゼンテーション、メニュー試食を行い、ご来場してくださった皆様にもご講評をいただきました。

審査をしていただいたのは、レストラン「アルポルト」の片岡護シェフや、「日経レストラン」編集長の高柳正盛氏など食の業界のトップランナーの方ばかりです。17期生に向けてのアドバイスはまさに異なる視点から考え抜かれた斬新なものでしたので、本当に勉強になりました。

優勝はUn Tiensをクライアントとし、体や肌を自然に健康へ導くお料理のご提案をしたチームでした。このレストランは「今日こんなレストラン行ったんだ」と、思わず自慢したくなるようなユニークかつ洗練されたクオリティでしたので、是非実現していただき、より多くの人のナチュラル・ビューティーの手助けをしてほしいと実感しました。 


あっという間に一年がたち、17期生は笑顔と自信、実力を手に旅立ちました。皆様が食の世界でさらなる飛躍をされることを心からお祈りいたします。

DSC_0271.JPG DSC_0269.JPG DSC_0146.JPG

DSC_0171.JPG DSC_0226.JPG DSC_0200.JPG

DSC_0098.JPG DSC_0071.JPG DSC_0073.JPG



posted by JFCS事務局 at 2009年03月25日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。