第ニ回 スイーツ研究会「野菜スイーツ教室」

IMG_2001.JPG6月16日(火)の夕方、JFCS事務局にて第二回スイーツ研究会の集まりがあり、20名近くが参加しました。
今回は、JFCS講師河名先生のお店「ナチュラルハーモニー」でパティシエをされている矢島恵美子さんから、ナチュラルハーモニーの究極の食材をたっぷり使ったお菓子の作り方を教えていただきました

「たまねぎクラッカー」「人参とローズマリーのゼリー」「ハイビスカスとレモングラスのゼリー」など、普段なかなか作る機会の少ない野菜を使ったスイーツです。

矢島先生のデモンストレーションを目の前に、皆さん真剣にメモしたり写真を撮ったり。
使用する食材はさすが「ナチュラルハーモニー」の厳選されたものだけあって、普段スーパーでみるものとは少し違いました。
たとえば、「たまねぎクラッカー」で使用した油。こちらは<平出さんの菜種油>でなんと人毛で濾しているのだとか。
非常に濃い黄色で美しい透明感があります。矢島先生は原料がよくわからないサラダ油は使わないそうです。
また塩はモンゴルの<天日塩>を使用しました。粒子が細かくほんのり甘みのある塩です。
矢島先生の作るゼリーはゼラチンではなく、葛粉と寒天を使います。
ここ最近ゼラチンを嫌う方が増えているのだそうです。
寒天だけでは食感が固い為、葛粉で柔らかさを出します。

 
IMG_2008.JPGデモンストレーションの後、「たまねぎのクラッカー」を皆さんで作りました。
思ったよりも簡単にでき、焼きあがった物はお土産に。
その後、先生が作ったお菓子を前にテーブルを囲んで試食会&質問タイム。
「たまねぎのクラッカー」はたまねぎの風味が特徴の程良い塩気のあるクラッカーでした。
「人参とローズマリーのゼリー」は人参の旨みが感じられ、「ハイビスカスとレモングラスのゼリー」は色鮮やかな爽やかな酸味のあるゼリーでした。
葛粉の効果なのか、どちらも口当たりがよく美味しかったです。
クラッカーはたまねぎの代わりにごぼう、人参ゼリーはリンゴジュースでも代用できるようで、身体に良くて簡単にできるお菓子作りの大切さを実感する会となりました。


次回のスイーツ研究会は7月21日(火)、薬膳料理研究家の北山先生をお迎えして薬膳スイーツ教室を行います。
http://www.jfcs.co.jp/seminar/yasaisweets.html



posted by JFCS事務局 at 2009年07月15日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。