フードライフ講座 メニュー開発の実践

フードライフコーディネーター講座「メニュー開発の実践」が行われました。

この授業では、食材の持つ栄養バランス、効能などを踏まえた上で、自分でメニューを開発し、実際に調理をして、先生に講評を頂くという授業です。

 

実際に生徒さんが今回考えたメニューの一例をご紹介します!

・肉巻き豆腐〜味噌風味&明太子風味〜

 白いご飯に合うお豆腐料理として考案。

 水切りした豆腐とお野菜を豚肉で巻いてフライパンで焼きます。

 お豆腐とご飯の栄養素の相性がよく、栄養素の吸収率もアップ!

 1215フードライフ 005.JPG

・中華風おせち

 目新しいおせちを作り、おせちの文化を改めて身近に感じてもらおうというコンセプト

 ○紅芯大根とくらげの和えもの

  なますを中華風にアレンジ。くらげの食感がアクセントになります。

 ○豚肉のトウチ焼き

  中華のスパイスであるトウチを使い、ローストポーク風にアレンジ。

 ○アサリと餅餃子のスープ

  餅を入れて中華風のお雑煮に仕立てます。

 1215フードライフ 009.JPG

彩りも綺麗で、とてもおいしそうに出来上がりました。

 

その後例えばビジネスとしてメニュー開発をする場合のポイントや今回の料理の応用などについてみなさんで話し合いをしました。

みなさん実習ということでじっくり取り組んで頂けたようです。1215フードライフ 011.JPG



posted by JFCS事務局 at 2009年12月15日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。