第90回「食の仕事セミナー」ご報告

9月29日、今回で90回目になる食の仕事セミナーを開催いたしました。
今回のテーマは“フードコーディネーターとして成功するには”ということで、フードプランニングディレクターで、当校講師でもある小枝絵麻先生と、当校卒業生の箕輪真未氏と石田林太郎氏にお話しをいただきました。

 小枝氏の活躍の場はとても幅広く、現在、アメリカ大使館で勤務しながら、メディア、ケータリング、商品開発等、様々な分野で活躍しています。
小枝氏いわく、フードコーディネーターは食の分野全般においてかかわっていくお仕事。色々なフィールドがあるけれど、ぶれない自分の軸をしっかりもって仕事をしていくことが大切、というお話が印象深かったです。

 石田氏はJFCSの卒業生ですが、富山出身で富山の地域活性化のため、富山アンテナショップ勤務の後、レストランプロデュースにも携わりました。
今度駅ナカに出店するレストランの話等も企画の流れなどを話していただき、非常に興味深いお話をいただきました。

 同じくJFCS卒業生の箕輪氏は、現在、宮崎県都城市の地域活性化の活動に携わっており、箕輪氏がどうしてJFCSを選んだか、どのようにして今の仕事に至ったかなど、卒業生という身近な立場からのアドバイスがとても参考になりました。 

次回のセミナーレポートもお楽しみに!


posted by JFCS事務局 at 2011年10月04日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。