11/20 第47回 食の仕事セミナー『好き』を仕事にする!

◆ セミナーテーマ◆
 ・フードビジネスで活躍するために必要なこと
 ・キャリア・デザインをするための技法


今回のセミナーは、皆様の現在のお仕事に、また今後の進路選択の参考になれば

との思いから、株式会社マガジンハウス チーフプロデューサー・島田 始氏を招いて、

フードビジネスの現場で活躍するJFCS卒業生とのトークセッションを行いました。
 

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

第1部 “ananやクロワッサンなど人気雑誌を手掛ける編集長が語る”
 1120_1.bmp

★株式会社マガジンハウス
 書籍出版部チーフプロデューサー 島田 始氏

「食の世界は何歳からでも、頑張れば活躍できる!」
そんな力強いお言葉から、セミナーは始まりました。

フードビジネスで活躍するために必要な要素として、『マネージメント力・技術力・感性』を挙げられ
ました。そして、成功するためには『感性を磨き、サービスを学ぶ=経験と感性』が何より大切と
いうことで、“感性”の磨き方やスキルアップのために今やるべきこと・学ぶべきことについて、お話
くださいました。

  

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
 
第2部 〜 トークセッション 〜
 1120_2.bmp
★島田 始氏 × JFCS卒業生
 ・フードビジネス・コーディネーター

   久米 幸恵氏 (JFCS13期)
 ・株式会社日本食糧新聞社

   寺尾 裕子氏 (JFCS13期)
 ・株式会社ラグル・タグル代表取締役

   城 みゆき氏  (JFCS12期)

今回は、島田氏からの質問にJFCS卒業生が答えるという形で行いました。
その中から幾つか抜粋してご報告いたします。


Q. 今の仕事が自分に向いているか悩んだことはありますか。
  またその際、どのように乗り越えましたか。

A. 久米氏 : 今も悩んでいる。
         悩んでも、目の前の事を1つ1つやっていく。
           決められないことを罪悪感に思うと辛いのではないか。

    寺尾氏 : 卒業直前、フードスタイリストさんのアシスタントを2ヶ月程やって

         みた際、自分がやりたい事とは違うのではと思った。
               気になる事があったら何でも挑戦してみる。

  城氏   : 向き不向きは単純な事で、心の持ちようで結構変わるのではないか。
        現場を体験して分かることは多い。


  島田氏より

  「考える時間があったら、やってみた方が自分のプラスになる!」

Q. スキルアップした方法を教えて下さい。
  
A. 久米氏 : 色々なものを見たり聞いたりする。        
    寺尾氏 : 沢山の人と情報交換をする事        
  城氏   : 人とのコミュニケーション


  島田氏より

  「いくつもの思考回路を持つことが大切!」
  「異業種の人と触れ合うことでひらめきが生まれたり、新しいことを

   知ることができる!」

Q. ジャパン・フードコーディネーター・スクールに入ってよかったと思うこと

A.全員 : 友人・知人が増え、人脈が広がったこと。
      同じ目標を持った仲間、経験豊富な講師の方々に出会えたこと。
      
 島田氏より最後に・・・
「“食”は人を喜ばすことができる感動産業である!」

  
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

 1120_3.bmp 
参加者の方々からも「フードビジネスの世界で活躍している
JFCS卒業生の生の声が聞けてよかった」と多くの感想を
いただきました。
 
寒いなか、またお足元の悪いなか
参加してくださったみなさま、
誠にありがとうございました。


posted by JFCS事務局 at 2006年11月22日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。