12/12 第49回 『食の仕事の現場』最前線!!

◆ セミナーテーマ◆
 成功するカフェ・レストラン/メニュープロデュースとは?


現在『箱根ラリック美術館「LYS(リス)」』にて総料理長を務める 「牛丸秀敏(うしまる

ひでとし)」氏から、成功するカフェ・レストランのメニュー開発からプロデュースまでの

秘訣についてお話頂きました。
 

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
 

第1部 “成功するカフェ・レストラン/メニュープロデュースとは?”
 

★箱根ラリック美術館「LYS(リス)」
 総料理長 牛丸秀敏(うしまる ひでとし)氏

代官山「小川軒」で料理の基礎を学び、
1988年にフランスへ渡り、三ツ星レストラン

「ラムロワーズ」などで修業。1994年に帰国し、弱冠34歳でウェスティンホテル東京の
レストラン統括料理長に大抜擢された牛丸氏。
その後、カフェレストラン「news DELI」のエグゼクティブ・シェフを勤め現在に至る
までに携われた様々なフードビジネスについて、そして、1つ1つ異なる環境・現場で

取り組む際に心がけていることなどをお話いただきました。

━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

第2部 〜 トークセッション 〜

◆テーマ◆
カフェレストラン&コンビニエンスストア/コラボレーション成功の秘訣について

次に、某コンビニエンスストアと牛丸氏がエグゼクティブ・シェフを勤めていたカフェ
レストラン「news DELI」とのコラボレーション商品が完成するまでの経緯を 
JFCSマーケティング・プランナーである名和田 竜氏と牛丸氏のお二人に
セッションという形でお話いただきました。

名前を利用するというのではなく、また、過去のレシピは持ち出さず、まさに
1から組み立てていくという牛丸氏の商品開発プロセス。

「どんなことをするときも、そこに何らかの新しさを入れることを必ず考えている。」
そんな姿勢で取り組む牛丸氏の活動を、各メディアは常に注目し続けています。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━

第3部 〜 フードビジネスの世界で活躍するJFCS卒業生〜


 
JFCS 11期生 フードビジネス・コーディネーター・料理研究家

  沢田 けんじ氏

辻調理師専門学校を卒業後、同校フランス校にすすみ、辻調グループ調理部
西洋料理班に勤務し、助教授を退職。その間にフランスレストラン勤務する。
JFCSを卒業後、東京を拠点にフードビジネス・コーディネーター・料理研究家として、
活動を開始する。

そんなキャリアを持つ沢田氏の現在の活動は多岐にわたり、企業の商品開発や
料理教室の講師、そしてテレビ番組にも携わる。
テレビ番組の仕事に携わる際、JFCSでの授業が役に立ったとか。

ヒトに教えることが天職だという氏は、今後も多くの希望を抱いている。
活動内容を楽しそうに話す姿と輝く瞳が印象的でした。



posted by JFCS事務局 at 2006年12月13日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。