■第96回「食の仕事の現場最前線」セミナーが開催されました。

昨日、銀座ブッロサムで、JFCS主催の「食の仕事の現場最前線」セミナー
が開催されました。このセミナーも早いもので96回目となりました。

今回はJFCS講師であり、ディスプレイコーディネーターとして
現場の第一線で活躍されている池松美千代先生と、先日「10歳からのお菓子
づくり ステップアップレシピ」を出版された当校の卒業生(12期生)の
須賀祐子さんにお話し頂きました。


*第一部 池松美千代氏(JFCS講師、ディスプレイコーディネーター、食空間コーディネーター)

ウエディング・セレモニー、マスコミなど、様々なフラワー装飾の現場を経て、フリーに。カリスマバイヤー藤巻幸夫氏のショップ「藤巻商店」のディスプレイや、某大手雑貨店、社員のディスプレイ研修など行う。 


昔から花が大好き。好きを仕事にしたかったという池松先生。
旦那さん都合で、転勤ばかり。どうしたらいいかと考える中、
娘さんが幼稚園に上がると同時に、フラワーマネジメントを学び始めます。

その後、古巣であったマスコミやフラワーショップ、ウエディングから葬儀関連まで、ありとあらゆる花とかかわれる仕事をとにかく転々として、色々学び吸収し、キャリアを築き上げていきます。
そしていよいよフリーとして活動されることとなります。

その中で、今や有名となった川越達也シェフと出会います。当時は今のように有名なシェフではなかったのですが、そんな川越シェフもどんどんと売れ、有名になっていきます。そしてある日、シェフから共同で食品の新商品開発プロジェクトを手がけることとなります。この商品開発を縁にして、
某醤油メーカーから、外部コーディネーターの依頼を初めて頂くこととなります。不安と緊張の中、
がむしゃらにその仕事をする中で、ディスプレィ(商品の魅せ方)の重要さに気づき、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)を新たに学んでいきます。。そしてそれを活かし、また様々なお仕事を頂ける様になり、今のような多彩なご活躍をされる日々を送られることになります。

池松先生は自らの経験から、「ご縁」の大切さを強く、参加者の方にお話されていました。
私事ですが、私も自分の人生経験から「何がどう自分につながるかわからない」と思っているから
「ご縁」の大切さ、またそれを自分にどう活かしていくかという重要性を痛感しています。

まさに池松先生の今の活躍は、「ご縁」という名のチャンスを、活かしきったいい例と言えると
思います。またそれは池松先生の人柄の良さと、妥協なく人に貢献するという信念をお持ちだから
こそのものと思われます。


講演の後半ではVMD(ビジュアルマーチャンダイジング) という商品の魅せ方や販売手法の
ミニセミナーを行いました。参加者の方にセミナー終了後、お話を聴くと15分程の短い
セミナーながら、お店の商品ディスプレィの見方が変わったと好評の声を頂きました。

最後に先生は
「今の自分の仕事のメインは商品の魅せ方。」
「これからはいい商品を作っても、いい魅せ方が必要。大事。」
「いろいろな出会い、いろんなことに興味を持って、いろんなものに触れて、
 真似してやってみる。それが夢の第一歩。」と仰っていました。

様々な商品が流通している今、魅せ方の大切さを学びました。
また興味を持って行動し、出会い、ご縁を大切にしていくこと見えてくるものがある
ことを再認識しました。池松先生ありがとうございました。



■第二部 須賀祐子さん(JCFS12期生、フードコーディネーター、食育教室主宰)

当校をご卒業後、自分でできるかと不安ながらも体験型食育教室のメンバーに
応募し、見事メンバーとなり活躍される。半年ほど活躍されたときに、
須賀さんご自身だけできるのではないかと思うはじめる。そんな中、横浜市の料理教室
の講師募集のポスターをきっかけに、話しの流れで食育教室を主宰することになる。
主宰し続けている子ども食育教室と昔取った教員免許がきっかけで、本の執筆依頼を頂き、
「10歳からのお菓子づくり ステップアップレシピ 」をこの2月に出版。
1人で仕事をしているので、有給もなく大変だが、楽しくてしょうがないと、
笑顔でお話されていました。

会場では、食育教室での写真や学童保育での須賀さんが実際活動された写真が
披露されました。どちらも子供たちが、楽しそうにお母さんに手伝ってもらう
こともなく、楽しそうに調理されていました。



どちらの講演も、終了後ご質問を多くいただきました。
参加者の皆様の意識の高さと「食」に携わりたいという思いが伝わってきました。


ジャパンフードコディネータースクールでは、今後もこのようなフード業界に
携わりたいと思う方向けのセミナーを企画しています。
次回以降の日程も決定していますので、是非JFCSのホームページから
お申込み下さいね。


posted by JFCS事務局 at 2013年02月28日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。