スマートキッズ・食育教室「みそづくり」に挑戦!

スマートキッズ・食育教室「みそづくり」に挑戦!

612日(水)スマートキッズ(民間学童保育、アフタースクール)に通う子供たち
(小学校1年生〜4年生)と一緒に、みそづくりにチャレンジしてきました。

少し簡単に、みそのつくりかたをご紹介します。


【材料】

大豆・・・1kg

米こうじ・・・1kg

塩・・・520g

たねみそ・・・200g

【使用機器】

仕込み用の入れ物

大鍋

ざる

フードプロセッサー(またはすりばち)


【作り方】
みそづくりは仕込みがとっても大切+大変です。
@ 
ざるで大豆を洗う
A   
鍋に大豆を入れて、大豆の23倍の水に一晩つけておく
一晩水に漬けておくだけで、大豆が水を吸収し、約倍の大きさまでふくらみました!
まだまだ仕込みは続きます。
B   
大豆を煮る
大豆がひたるくらいの水を鍋に入れ、弱火で4時間半〜5時間、指でつぶせる硬さになるまでじっくり煮ます。
途中、目を離すと吹きこぼれてしまうので注意!
C   
大豆を冷ます
大豆の煮汁を400gほどとっておき、残りは水を切ります。
ひと肌くらいになるまでさましましょう。
D   
米こうじを解凍する
冷凍していた場合、米こうじは使用する2〜⒊時間前に常温で解凍しておきます。

ここからが、子供たちの登場です。

はじめに帰ってきたのは、1年生組
手を洗って、エプロンをして。

E   大豆をペースト状につぶす

フードプロセッサーをつかって、大豆をつぶします。

元気のいい1年生たちは、果敢にも、すり鉢やボウルでつぶしてくださいました。


ほどよくペースト状になったところで、1年生〜4年生のこともたちが帰ってきました。
机をよーく消毒して、
F   
米こうじと塩をまぜる
先ほどの大豆に米こうじと塩を混ぜていきます。
勢い余って、飛び散らないように注意!

さらに、

G  たねみそをまぜる

むらのないよう、よく混ぜていきます。

完成したみそのもとは、

H   たるにつめる

空気が入らないように、上から少しずつおしながら、つめていきます。

IMG_6517.JPG


数か月から1年熟成させると、みその完成です。
みそは、夏を経験させることによって、味や香りがでてくるといわれています。
秋から冬にかけて、味噌の完成が待ち遠しいですね。


posted by JFCS事務局 at 2013年06月19日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。