「食の仕事の最前線セミナー」を開催いたしました。

95日(木)、今回で101回目になる「食の仕事の最前線セミナー」を開催いたしました。

お越しいただきました皆様ありがとうございました。

今回のテーマは“「食」に関する仕事がしてみたい!”ということで、

株式会社地域活性プランニングの代表取締役、藤崎慎一氏にお話しをしていただきました。

 

外食・中食、食品メーカ−、流通、食育、メディア等、フードビジネス・コーディネーターの仕事にフィールドはますます広がってきています。

中でも今回は今注目の地域活性・まちおこし!

第一線で活躍する藤崎氏に、仕事のやりがい、楽しさ、現場の最前線までお話していただきました。

藤崎氏は地域コンサルを主業務とする一方、そのノウハウで全国各地の地域活性地業を実践されており、住民参加型の自立型地域活性を目指していらっしゃいます。

お話はとても興味深く、スタッフの私自身地方出身者で地域の活性化に興味があったので、色々と考えさせられました。

今回参加したまちおこしに関心がある皆様からは、色々な方向から日本と食を考えていきたいという素敵な声が上がり、大変刺激を受けたようでした。

 

セミナー終了後のアンケートでは、

「色んな方向から食と日本を考える機会になりました」

「食の仕事は幅広いということに気付かされた」

「地域活性化により興味を持った」など

おかげさまで大変好評をいただきました。

 

今後、セミナーに参加された方々が、食の仕事でご活躍されることを楽しみにしております。

 

それでは、今後も魅力的なセミナーを開催していく予定ですので、HPでチェックして頂ければと思います!!

 

 

 

IMG_2530.JPG



 



posted by JFCS事務局 at 2013年09月06日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。