第54回食の仕事最前線セミナー

2007年9月5日。自分の強みをどう確立し、今後のフードビジネスの新しいトレンドと潮流の中で活かしていくかを、人気女性誌を手掛けるメディア・プロデューサーの島田始氏による講演と、島田氏と食業界の第一線で活躍するフードビジネス・コーディネーター3名とのパネルディスカッションによる2部構成でお送りした今回のセミナー。2030代女性を中心に、多くの方が足を運んでくださいました。 (人気女性誌を手掛けるメディア・プロデューサーが語る『フードビジネスのトレンドと、トレンドを踏まえた自分の強みの活かし方』) 潟}ガジンハウス チーフプロデューサー   島田 始氏
潟}ガジンハウス社「anan」編集部でファッション、最新情報を担当、「Hanako」の創刊に準備段階から携わった島田氏。ジャパン・フードコーディネーター・スクールの講師としても講義をいただいていますが、現在、潟}ガジンハウスカスタム出版部のプロデューサーとして従事する傍ら、NTTドコモ・デジタル情報ツールにファッション・レジャー等の記事を発信する『エスプレッソ編集室』編集責任者や、帝京平成大学情報学部講師を務めるなど、活躍の場を拡げています。一見して‘食’とは関係ない経歴に思えますが、大ブームを起こした「ティラミス」や「クレームブリュレ」などの仕掛け人でもあるのです。なぜ島田氏がそのようなブームの火付け役となりえたのか、時代のトレンドを独自の感性で受信し、発信する手法を交えてお話いただきました。中でも印象的だったのは、     常識や既成概念を打ち破り、発想することが重要     売りたい商品より、まずは自分が魅力的でなければ、商品やサービスも受け入れられない     自分なりの感性や情報がなければ発信できない、感受性は磨くことによって身につくというようなお言葉です。聴講者の方々も、大きくうなずきながら聞き入っておられました。そして「メンター制度」を受けるチャンスのあるスクールとして、ジャパン・フードコーディネーター・スクールのご紹介もいただきました。「メンター(mentor)」とは、英語で「良き指導者、恩師」の意。1980年代からアメリカで,企業内の人材育成法として広がったこの制度は、キャリアプランなどについてメンターと一緒に考えながら、受講者の向上心を育てるシステムです。 実際、島田氏にはアドバンスゼミも受け持っていただいており、多くのJFCS生・卒業生が、在学中から卒業後まで折にふれ相談に乗っていただいています。 「強み」を組み合わせて活躍する3人のフードビジネスコーディネーターのパネルディスカッション「外食」×「スタイル」×「メニュー」  松井香保里さん
  食品メーカーにて、飲食店の事業開発、新規事業に携わる。14年間勤めた後、退職。
 現在はフリーのフードコーディネーターとして、外食のコンサルティング、メニュー開発、店舗調査に取り組む。
「大手企業」×「食育」×「料理教室」  小山浩子さん
 乳業メーカーにて料理教室を企画・運営・実施。
 ミルクをテーマとした子供向けの食育プログラムの創作、小学校の授業での展開に力を注ぐ。
「自家製野菜」×「スタイリング」  植松良枝さん
 自宅の倉庫を改装して、キッチンアトリエを設立。野菜栽培をしながら、採れたて素材を生かしたシンプルな料理を開発。 新進気鋭の料理研究家として、新たなフィールドを開拓中。 2部は、島田氏と上記3名のフードビジネス・コーディネーターによるパネルディスカッションを展開。現在に至る経歴や自分の感性の磨き方などについて、島田氏から投げかけられた質問にパネラーの方々が答えつつ、4名で話を交えるかたちで進められました。 ・他の方々の講演を何度も聴いて人の心をつかむ話し方を体得し、本物や一流に触れたり、常日頃からあらゆる事象に疑問を抱き、自分なりに解決しながら感性を磨いてきたという小山氏・好奇心旺盛で、積極的に海外へ出掛けたり、普段の食事や買い物なども自分のライフスタイルに合う物を選ぶことで心豊かな視点を養い、クライアントや仲間とのコミュニケーションを大切にするという松井氏・畑で自ら野菜を育てているということが個性となり、また、土に触れて自然を肌で感じる伊勢原と、情報が飛び交う都心という二つの拠点を持つことで、感性と仕事の幅を拡げているという植松氏 三者それぞれに個性的で、自己の強みの確立し方や活かし方のヒントがちりばめられているディスカッションとなりました。その後の質疑応答はもちろん、セミナー終了後も島田氏や3名のパネラーへ個人的に質問・お話をしたいという方で溢れ、大盛況のうちに幕をおろしました。


posted by JFCS事務局 at 2007年10月09日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。