『第1回東京都食育フェア』参加報告!

11月17日(土)・18日(日)に東京都世田谷区で、第1回東京都食育フェアが開催され、
ジャパン・フードコーディネーター・スクール(以下JFCS)では、ビスケットアートに
挑戦する子供向けの「おかしのワークショップ」とクッキー・スコーンの販売ブースの出展、
キッチンシアターを利用しての「親子食育教室調理デモ」を行いました。

0906-1 124.jpg0906-1 128.jpg


今回の食育フェアは、地域で食育活動を行っている団体の参加を通して、団体同士の相互交流や
連携を促進し、今後の食育活動のさらなる充実を図ることを目的としています。
食育関係団体や区市町村などの食育活動を行っている65団体が参加し、東京産の農畜水産物等の
試食・販売や、牛の乳搾り体験など、大人も子供も楽しめる企画が多く用意されていたのが特徴です。

JFCSが行った「ワークショップ」に参加した子供たちは、ビスケットの作り方やアイシングの説明を
真剣に聞き、その後、自分の名前を書いたり、クリスマスツリーの絵を描いたりと夢中になって
ビスケットに向かっていました。

0906-1 157.jpg0906-1 161.jpg


また、「親子食育教室調理デモ」では16期生の田川さん・斉藤さんが、家庭で行うパエリアパーティーの
3メニュー(パエリア・野菜のスープ・ミルクティゼリー)を提案し、調理デモと試食を行った後、食材選びや
調理のポイントや食事バランスガイドについて、楽しみながら「食」を考えてもらえるようにと、子どもにも
分かりやすく、食事メニューのイラストカードを使ってお話しました。

0906-1 138.jpg0906-1 149.jpg0906-1 150.jpg

参加された親子やご家族の方からは、「今日子供が残さず食べたので、家でも作ってみたいと思います!」
と、嬉しい声を多くいただくことができました。

1日目は、木枯らしが吹きかなりの寒さでしたが、両日ともに会場はたくさんの親子で賑わいをみせました。


posted by JFCS事務局 at 2007年11月20日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。