第55回セミナー「フードビジネスコーディネーターの仕事現場」

第55回「食の仕事最前線」 セミナー

 フードビジネス・フードコーディネーターの仕事の現場

 「フードプロデューサーの視点」

 特別講師(株)モデンナ 代表取締役 高橋 理枝氏

 

多様化する消費者のニーズの中、購買者の五感を追求し女性の視点から見た提案の決め手についてお話しいただきました。コンビニのお弁当のパッケージの違いなど、実践をふまえた事例の説明はたいへんわかりやすく、また今後のトレンドなどのお話しもありました。

0906-1 110.jpg
 

卒業生が語るフードビジネスの現場から

 ・有限会社テイク・アソシエ 廣田 有希氏(jfcs13期生)

  東急フードショーを手がけ、食物販のコンサルティングを行う樋口武久氏の下でショップ立ち上げ、商品開発や一連のコーディネートについてお話しいただきました。

 

 ・ル・シャンティエ 久米 幸絵氏(jfcs13期生)

  自宅で焼き菓子を製作し、営業・販売、パンフレットの製作まで一人で行っている久米さん。個人ビジネスを確立したお話しをしていただきました。


posted by JFCS事務局 at 2007年11月22日 | スクール・セミナーレポート
Copyright(c) Japan Food Coordinator School. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。